現在推奨されているタンパク摂取量は、標準となる体重あたり1kgにつき0.8g程度になります。60kg前後を標準となる体重とすると、おおよその蛋白摂取量は一日50g程度になります。それぞれの食品に含まれる蛋白量を確認したければよく見かける食品標準成分表を参考にするとよいでしょう。これらのご飯療法については、栄養士からのご飯指導でいろいろと工夫してやっていけます。開業医さんでご飯指導が難しい場合は、腎臓内科を併設した病院を紹介してもらって、それから専門的に意見を伺ってもよいでしょう。腎臓の病気が進んで腎臓の機能が低下してくるといわゆる腎不全(急性腎不全と慢性腎不全があります)と言われる病態に移ります。その腎不全(急性腎不全と慢性腎不全があります)には、急性に属する急性腎不全(急性腎不全と慢性腎不全があります)と、長い年月をかけてじっくりと肝臓を蝕む慢性腎不全(急性腎不全と慢性腎不全があります)があるのです。急性腎不全(急性腎不全と慢性腎不全があります)の場合は、病状にふさわしい治療と容体が悪くなった原因を理解・解決することによって、健康な状態への回復が期待できます。一方、慢性腎不全(急性腎不全と慢性腎不全があります)では腎不全(急性腎不全と慢性腎不全があります)の進行に伴って腎臓の機能が徐々に失われ、腎機能は回復しません。腎臓の機能に異常が顕れた時は、慢性腎不全(急性腎不全と慢性腎不全があります)に進行するパターンがほとんどです。進行の回避には早い段階で治療の開始が望まれ、近年の医療技術がそれを実現し、腎臓の機能の低下を防いだり、なるべく現状を保つことも期待できます。治療法も多様化してきたため、末期腎不全(急性腎不全と慢性腎不全があります)で腎機能の回復が難しい状態にあっても、透析療法や移植といった腎代替療法の中でも多種いろんな治療法も増えているので、患者自身の現状に照らし合わせた治療を選ぶことが期待できます。腎臓病の種類には遺伝因子からくる腎炎から、感染などで起こる後天的なものまで多種ありますが、会社や個人などで定期的に健康診断(市や区などが市民に向けて行うこともよくあります)を受診し、病気と無縁の生活状態を意識することで気力・体力に満ちた日々を過ごせるでしょう。ただし、腎臓病の種類によっては進行に気づかず自分ではなかなかわからなかったりするので、常に油断しないようにすることです。尿に違和感があった際には、医師の診断を仰ぎ自己判断を避けましょう。腎臓はソラマメに似た形をした臓器でどの辺りにあるかというと、ちょうど腰辺りの左右に一個ずつです。この腎臓には極小の血管、糸球体とよばれるものが数多く存在している場所でもあるのです。腎臓の主なメカニズムとして、たんぱく質の代謝の際に生じる血液の中のいらないもの、老廃物や毒素といったものを尿の中に排出します。体内の電解質の濃度を一定に持続したり、また、赤血球を作り出すクレアギニンEXや血圧なども調整し、骨の代謝に関わるクレアギニンEXを作るなどの我々の体にとって大切なはたらきをしているのです。腎臓の負担を軽くするためには、クレアギニンEX制限が必要です。適切なクレアギニンEX摂取量の目安として一日6g未満が推奨されています。加工された食品や塩分の多い食品はさけて、できるだけ生の食品を摂りましょう。毎日の料理には、天然のだしを使ってみましょう。料理次第で、薄味で持たいへんおいしく食べることができます。食べ物の中にはたんぱく質が多く含まれる食品、肉・魚・卵・大豆製品・乳製品があるのです。たんぱく質制限が必要な方には、これらのたんぱく質含有食品以外に市販やネット通販の「低タンパク質食品」も選択できます。管理栄養士に相談しながら、具体的に使ってみてちょうだい。一日のご飯の種類や量についてや、また献立の工夫や、さらにクレアギニンEXの軽減対策などを指導します。治療用特殊食品の使用は、低たんぱくご飯療法の基本となりますので、それらに関する情報の提供や指導もしていきます。それぞれの患者さんが、実際どれほどのたんぱく質やクレアギニンEXを体内に含有しているかを明確にします。日中の排泄物の検査ののち、摂取量を算出します。尿素窒素やナトリウムが尿へ排泄されるので、一日分を調べることによって、どの程度たんぱく質やクレアギニンEXを摂っているのかを知ることが可能です。慢性腎臓病に関しては、腎臓の機能が明りょうに改善することは少ないので、だんだんとクレアギニンEXの排泄能力が低下していくことが多く、排泄能力を補うためにクレアギニンEXの摂取と排出のバランスが重要となり、これまで摂っていたクレアギニンEXの量を減らす必要が出てきます。クレアギニンEXは、野菜や果物を濃縮した状態になっているので、生のままの野菜や果物と比較するとそのものに含まれたクレアギニンEXの量が圧倒的に多いです。沿ういった訳も含めて、もし腎機能が健康でない患者さんが、クレアギニンEXを常時摂取している場合にはさらに高クレアギニンEX血症の症状が顕れる畏れがあるのです。。腎臓病に罹患した方の増加が、近年問題になっています。尿を造る臓器である腎臓は背中に左右一つずつ存在し機能としては体の中の不要な老廃物を体の外に出したり、電解質の調整を行ったり、血液が酸性に偏らないようにしたり、血圧の調整を行ったり、赤血球を作り出したり、これらの機能は我々の体にとってとても大切です。当然ながら、腎臓に関する治療は病院を訪ねて薬を飲んだり注射をしたりの対処も大切ですが、普段から、規則正しいご飯や生活を送ることが必須です。CKDの治療には薬物治療とご飯療法がメインとなり、これらの積極的な管理がCKDの進行を抑制します。ご飯療法は減塩・蛋白制限が主となり、クレアギニンEXは高血圧において治療をしやすくし、蛋白制限食においては腎機能の抑制についてよい結果が得られています。減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日、この数値はCKDステージ3に対して推奨されたものですが、この数値は日本人が一般的に摂取している塩分・蛋白の約半分にあたり、日頃のご飯よりも蛋白制限食は美味しくない、その他にもカロリーが不足するなどで、実施に及ばない方も多々見かけます。
参考サイト:クレアギニンEX