父が腎臓病で母も足が悪くて、私が会社帰りに実家へ寄り夕飯を作っていましたが仕事の関係で、必ず毎日作るということができませんでした。職場の人に相談したところ教えてくれたのが食事を宅配するサービスで、私は即利用することにしました。食べることが何より好きな父なので私の料理では満足できないのではと思い込んでいました。今では、母も料理をしなくて良いということで両親のために宅配サービスを利用しています。夕飯の買い物や調理にかかる時間を節約できたのがうれしいです。父が医師から食事指導を受けました。私が作った料理を毎日父へ届けようと努力しましたが残業がある日は届けることができません。悩んだ末に、食事の宅配サービスを頼むことにしました。病気や体質によってメニューが選べるようになっていて、父はその中から低たんぱくの献立を選びました。最初父は「おかずが少なくてお腹が持たない」と文句を言っていましたがそれでも頑張って間食を止めたので症状が良くなりました。栄養バランスが良く考えられているので食後の物足りない感じもしばらくすれば落ち着くようです。腎臓病の宅配食は充実感のある食生活が送れるようサポートしてくれるメリットがあります。毎食、低タンパクの料理を自分で作ったりご家族に作ってもらうことは、本人も家族も大変なストレスとなります。減塩にするため、味も物足りなく感じるかも知れません。自由に食事できる幸福は、それを無くしてみて初めて分かるというのが食事制限に取り組んでいる方にとても多いです。腎臓病患者のための低蛋白の宅配食サービスは今の時代の生活様式に合わせた利便性の良いサービスです。腎臓病食事宅配サービスは、食事療法用宅配食品等栄養指針にのっとって、専門の管理栄養士が献立を作成し、お客様に安心してお召し上がりいただける食事づくり、サービスの提供に力を注いでいます。プロの料理人と病院給食ベテランの管理栄養士監修レシピのもと、吟味した安心安全な食品を使って調理では食品添加物は用いずに、加工食品の使用も最小限にとどめて一品、一品の栄養成分を調整しながら手作りした宅配弁当です。糖尿病の予防やダイエットなどに効果が期待でき、しかも安全で便利な食事です。理想的な制限値は、1日当たりのエネルギー摂取量が1800Kcal、たんぱく質が40gです。 ご飯量は普通の大きさのお茶碗を基準にしており、食の細い老人や女性などは、更に摂取量が減ります。おかずのみでたんぱく質が10g以上あると、制限値を超えてしまいます。 たんぱく質を摂取しすぎるとクレアチニンの数値が高まり、人工透析を行うリスクが高くなります。たんぱく質の摂取量が少なすぎても、同様にクレアチニンの値が上昇し、人工透析へ移行する危険性が高くなります。これが食事制限の難しい点です。宅配食サービスは冷凍処理されてワンパックになって納品されます。原材料や栄養表示が正確に表記されています低タンパクで減塩ということは『相当に味つけが薄いのではないか?』『物足りないんじゃないか?』という不安がありましたが、私には程よい味付けで美味しく感じました。自分で料理すると不足しがちな魚も入っているのが嬉しいです。冷凍宅配弁当の味付けに不安でしたが全く問題なく、普通の弁当と同じように美味しかったのには驚きました。腎臓病患者は高エネルギー・低たんぱくの食事療法が必須であり、その調理は難しく献立の作成と調理の技術には高いスキルが求められます。必要なカロリーを保ちつつも低蛋白になるように、揚げ物がたくさん入っている一般的な弁当と違い揚げ物のおかずに偏らないために、宅配食サービスは献立や調理法に特別なノウハウを持っています。他社がマネできない程の完成度の高い、慢性的な腎臓病の進み具合を緩やかにするためのたんぱく質を制限した食事を何種類もご用意いたしました。腎臓に不安がある人が日々の食事で、注意をはらう点はたんぱく質・塩分・エネルギー・カリウム・リン・水分など山のようにあります。素人がこれらの栄養素を細かく計測しながら、食事を作るのはほぼ不可能です。美味しさや病気に合わせた栄養バランスを気にしながらでは毎日の食事作りに大変なストレスを伴います。それに対して、管理栄養士が監修した宅配食サービスなら節食が必要な方でも安心して美味しく食べられる食事を届けてくれるのでスムーズに食生活の改善を行うことが出来ます。食事宅配サービスの通販ショップは、食事制限の必要な方、忙しいご家族にもとても喜ばれるサービスです。管理栄養士による監修のもとに必要な栄養素がバランスよく配合されており誰でも食べやすく味の良い食事を配送いたします。カロリー・塩分・たんぱく質について制限がある方でも、ひとりひとりに合わせた食事をチョイスできるので家族全員、誰にも負担がかかることなく食事できます。冷凍タイプでお届けしているので、作りたてのように新鮮な美味しさをいつでも堪能できます。腎臓病患者が自宅で食事療法に取り組む際に病人食を用意する家族にも負担がかかってしまう場合があります。腎臓病の人の為の宅食サービスは毎日の食事をしっかりと制限内の数値に収めながらも、美味しさや食べやすさにも配慮して飽きないように日替わりの献立なので続けやすく価格も安く経済的で継続できること、家庭内で1人だけ食事制限がある場合も家族は普通食のみ作れば良いため、非常に負担が軽くなります。あわせて読むとおすすめなサイト>>>>>宅配食事口コミ