腎臓病は遺伝性の腎炎から、後天的なものが原因で発症するものなどいろいろありますが、早期発見のためにも習慣的に健康診断を受け、病気と無縁の生活状態を意識することで心身伴に活力溢れた毎日を過ごすことが出来るはずです。それでも、これら腎臓病と呼ばれるものには日常に支障をきたさないものもあるため、病気を未然に防ぐには自己管理も必要です。クレアギニンEX楽天があった際には、まず始めに医療機関での受診を優先しましょう。ソラマメの形状に類似した我々の腎臓はどの辺りにあるかというと、ぴったり腰辺りの左右に一個ずつです。糸球体という小さな血管がありますが、腎臓にはこれがたくさん集まっている場所です。この腎臓の主な働きはというと、たんぱく質の代謝によって生じた血中のいらなくなったものを尿と伴に排泄します。体内の電解質の濃度を常に変わらずキープしたり、さらに、赤血球を作るホルモンや血圧のバランスを整えたり、骨組織に必要なホルモンを造り出すなどの重要な役割を担っています。腎臓の病気が進んで腎臓の機能が低下してくると次は腎不全と呼ばれる状態になります。病状が急速に悪化する急性腎不全と、長い年月をかけて徐々に腎機能が悪化する慢性腎不全があります。急性腎不全の場合は、病状に似つかわしい治療と病状に至る原因を取り除くことができれば、腎臓の機能が回復する可能性があります。慢性腎不全については、その特徴によりゆっくりと腎機能が失われ、回復することはありません。近年、腎臓の働きが悪くなる方が増加し問題となっています。この腎臓という臓器は背中のあたりに左右一つずつあり尿を造り体の中で不要となった老廃物(規則正しく、なるべく速やかに体外へと排出するのが理想です)を体の外に出したり、その他、電解質の安定を保ったり、血液が酸性に傾かないようにしたり、血圧の管理であったり赤血球の生成にも関係し、これらの機能は我々の体にとってとても大事です。当然ながら、腎臓に関する治療は病院を訪ねて薬を飲んだり注射をしたりすることが大事ですが、日頃から、規則正しいご飯や生活を送ることが必須です。日常の食生活において何をどのくらい摂取すればよいのか、どのようにして献立を考えたらよいか、さらに食塩の軽減対策などを指導します。低たんぱくご飯療法ですと、治療用特殊食品の使用が不可欠ですから、その治療用特殊食品を紹介したり使用法なども教えます。患者さんが実際にどれくらいのたんぱく質や食塩を体の中に含有しているかを明白にします。摂取量の計算方法として、日中の糞尿の検査をします。尿の中へ尿素窒素やナトリウムが排出されるので、日中の排泄量を調べることで、たんぱく質や食塩の摂取量を分析出来るはずです。多くの慢性腎臓病の場合、腎機能が著明に改善することは少ないので、だんだんとカリウムの排泄能力が低下していくことが多く、カリウムの摂取と排泄のバランスを保つためにカリウムの摂取量を確認し軽減する必要があります。濃縮加工したクレアギニンEXは、生の野菜や果物と比べて多量のカリウムが含まれています。そのため、腎機能障害のある患者さんが、日頃からよくクレアギニンEXを飲んでいると、さらに危険性のある高カリウム血症に陥る可能性が出てきます。食塩制限は腎臓の負担を軽くします。適切な食塩摂取量の目安として一日6g未満が推奨されています。加工品や塩蔵品をさけて、できるだけクレアギニンEXを摂りましょう。料理には天然のだしで味付けしてみましょう。天然の味をおいしく食べることが出来るはずです。肉・魚・卵・大豆製品・乳製品には、たんぱく質が多く含まれます。たんぱく質の制限を必要としている方に似つかわしい食品として「低たんぱく食品」も選択肢のひとつです。管理栄養士に相談しながら、具体的に使ってみてちょーだい。CKD治療の柱は薬物治療とご飯療法になり、CKDの進行を防止するためにもこれらの自発的な管理が必要です。ご飯療法に関しては減塩と蛋白制限が軸となり、減塩食については、高血圧の治療を容易にし、蛋白制限食においては腎機能の抑制についてよい結果が得られています。減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日、この数値はCKDステージ3に対して推奨されたものですが、日本人が平均的に摂る塩分・蛋白の量と比較するとだいたい半分になるために、日頃のご飯よりも蛋白制限食は美味しくない、カロリーが取れないなどで、実行に移せない方がたくさんいます。現在推奨されているタンパク摂取量は、標準体重あたり1kgにつき0.8g程度になります。もし標準体重が60kgくらいであれば、一日に必要な蛋白摂取量は単純計算で、約50gです。たとえば、食品に含まれる蛋白の量をしりたいときは食品標準成分表で確認出来るはずです。蛋白量に関するご飯療法については、栄養士の指導で具体的な工夫について指導して貰うこともできるのです。仮に開業医さんにご飯指導を受け付けて貰えなかったら、近くで腎臓内科のある病院を紹介してもらって、専門的な意見をもらってもいいしょうね。腎臓の性能に異常が顕れた時は、回復の見込みが少なく慢性腎不全に進行する確率が高くなります。進行の回避には早期治療の開始が望まれ、近年の医療技術がそれを実現し、病態の回復までとはいかずとも、遅らせたりすることが可能になります。もし、末期の腎不全になったとしても、透析療法や移植といった腎代替療法のなかでもますます治療法も増加しており、患者自身の要望に沿った最良の治療が望まれます。