腎臓病を患うと糸球体が蝕まれるため血液の濾過作用が上手におこなわれず、ナトリウムや水分が体外へ排出しづらくなります。加えて尿となり放出されるはずの老廃物まで、体内に加算されていきます。その結果 窒素が血液中に増えて、尿毒症の誘因になったり、ナトリウム濃度が増加し高血圧(ストレスを感じていると上昇し、リラックス時にはやや下がるそうです)を引き起こす危険性が出てきます。そのため食事療法では、適正な塩分・水分・蛋白質・エネルギー量を維持することが必要となります。浮腫が目立ったり尿量があまりにも少ない場合は、塩分のみでなく水分の調整ももとめられます。このような場合、飲み水だけにあらず、食品にふくまれる水分量もふくめます。浮腫の程度が軽かったり存在しないのであれば塩分の制限のみで済みます。制限を設ける水分の量に関しては病気の進行具合や尿量を踏まえて医師が決めます。脱水になればそれだけ腎臓機能の低下を早めるので自己流でどうにかしようと考えるのは止めましょう。腎臓病と格闘する方に有用な、たんぱく質の少な目な特殊食品が売られています。食事管理を続けていく上でこうした食品は不可欠でしょう。腎臓機能が下がっていくに従い、より厳正に食事を調整する必要が出てきます。加えて、糖尿病の患者さんの場合血糖値を維持するに当たり、エネルギー制限も追加されるのです。食事内容は自己流で判断せずに、専門の知識を有する栄養士や医師の指導の元メニューを決めるようにしましょう。食事によって獲得したたんぱく質は、体内でエネルギーに転じますが、ある程度は老廃物となり血液中に蓄積します。血液は腎臓に流れて分離された末、残った老廃物は尿と伴に体外へ出されます。たんぱく質を余分に摂れば、それだけ不要な老廃物が増えるので、腎臓への負担が増えてしまいます。腎機能を維持する上で、たんぱく質の摂取量には気を配る必要があります。ですが、たんぱく質は人体にとって必要欠かすことの出来ない栄養源なので、適切な量は摂取する必要があります。人間の体にとって重要な3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質があります。糖質や脂質は体の中で燃焼すると水と二酸化炭素になり、腎臓や肺に留まりづらいのですが、たんぱく質の場合分離されれば7~8割程度窒素を含む不要な老廃物になってしまうため、排泄時に腎臓に負担を与えてしまいます。なので、意図的にたんぱく質の摂取量を抑える必要性があります。体の機能を保つ上で最低限のたんぱく質の量は体重1kg換算0.6g/日であり、一日分に変換した場合30~40gとなります。腎臓病に罹っても食事療法を厳守すれば、毒素や老廃物が排出されやすい体となっていきます。老廃物が蓄積されなくなば尿毒症を予防し、腎臓病の悪化を極力抑える事が可能でるのです。だいぶ効果が出た場合には、腎臓病が進行しなくなっ立といってもいい程遅らせられるケースもあったりします。食事療法は自分には厳しいのではないかと考える方がいますが、決してそのような事はありないでしょう。食事療法は、患者が自ら意欲的に努められる最善克つ最短の治療手段なのです。腎臓病の食事療法の目的は、なるべく腎臓病を悪化させない事と、現在の健康状態のキープです。透析の要らない保存期のうちは、食事療法を手掛ける事で腎不全の進行をスローペースにし、結果的に透析を開始する時期を遅くできます。実際に透析が必要となってからも、体調を保ちながら安定して透析を続けていくために、食事療法は大きな意味をもちます。クレアチニンは筋肉中の物質からできる老廃物で、腎臓でろ過されたあと他の老廃物共々、尿中に排出されます。クレアチニンの量は、統合的な筋肉や運動量に関わります。なので、通常男性の方が高めの数値になっています。筋肉の量が減れば、クレアチニンの量も減少します。また、女性でしたら妊娠の際に、尿から排泄されるクレアチニン量が増加するので、普段よりクレアチニンの値は減少します。カリウムは水に浸透しやすい事から野菜・芋類を含む食事を創る場合、細かく切り分けて水さらしもしくは茹でこぼしを終えてから調理に進みましょう。茹でる事で除外できるカリウムの量は、その種類や調理するときの形状・水の量・処理時間によっても異なります。一般的にはほうれん草等の葉物野菜だと45%、いんげん等の未熟豆類でおおよそ30%は取り除けます。細かくカットする、茹でこぼしを怠らない、きっちり搾る等手を加えれば、その分効力は発揮されます。肉や魚その他卵や豆腐は結構な量のたんぱく質があり、食べ過ぎないように工夫する必要があります。甘いものと言えど思った以上に沢山のたんぱく質がふくまれているのです。お菓子は小豆や牛乳・卵を活用してつくられているので、エネルギー補給のためとは言え食べ過ぎれば、たんぱく質の過剰摂取になります。例を挙げれば、ショートケーキ1つでも卵1個に近いたんぱく質がふくまれているワケです。もっと詳しく⇒腎臓病食事宅配