たんぱく質の最適な摂取量とは、標準体重で1kgあたり0.8gほどになります。60kg前後を標準体重とすると、おおよその蛋白摂取量は一日50g程度になります。食品のたんぱく質含有量についても食品標準成分表で確認可能です。これらのご飯療法に関しては、栄養士からのご飯指導でいろいろと工夫してやっていけます。開業医さんの中にはご飯指導が難しい場合もあるので、腎臓内科のある近隣の病院を紹介して貰い、それから専門的に意見を伺ってもよいでしょう。腎臓病時のご飯療法の大元の趣旨は、腎臓病の進行を遅らせることと、体調を良好に保つことにあります。透析開始前の俗に言う保存期に当たる方なら、ご飯療法を試みる事で腎不全の進行ペースを抑えられ、透析を要する時期を極力遅く可能です。更に言えば、透析開始後も、できる限り健康体で透析をするために、ご飯療法は必須なのです。カリウムは水溶性の成分であるため野菜・芋類を具材として使うのだったら、小さめに切って茹でこぼすか水にさらしてから調理しましょう。茹でた場合に除去できるカリウム量は、食材の品目や調理時の水分量・形状・所要時間によって変化が見られます。数値で示す場合、ほうれん草等の葉物野菜が45%、いんげん等の未熟豆類で30%近く除外可能です。小さく切る、茹でたらしっかり水を切る、きちんと搾る事で効果は高まります。ご飯によって獲得したたんぱく質は、新陳代謝によりエネルギーに変わりますか、少なからず老廃物(代謝などによって生じた体にとって不必要なものです)が形成され血液中に残ります。血液は腎臓の内部で分離され、要らない老廃物(代謝などによって生じた体にとって不必要なものです)は尿となって体外に排出されます。たんぱく質を過剰摂取すると、老廃物(代謝などによって生じた体にとって不必要なものです)が増えてしまい、腎臓に悪影響を出します。腎機能を正常に保つために、たんぱく質の摂取量を抑える必要があります。けれど、たんぱく質は人体を動かす重大なエネルギー源となるため、適量は摂り入れるようにしましょう。毎日のご飯についてどんな食品をどのくらい摂ればよいか、メニューに関するアイデアや、あるいは食塩の抑え方などを指導します。治療用特殊食品の使用は、低たんぱくご飯療法の基本となりますので、治療用特殊食品の紹介や使い方なども教えます。実際に患者さんがどの程度のたんぱく質や食塩を摂っているのかを調べます。1日24時間の蓄尿の検査から計算します。尿の中へ尿素窒素やナトリウムが排出されるので、日中の排泄量を調べることで、たんぱく質や食塩の摂取量を分析可能です。近頃、腎臓病の方が増えていることが問題となっています。背中に二つ存在する腎臓で尿が創られ体内で不要になった老廃物(代謝などによって生じた体にとって不必要なものです)を体外へ排出する役割があり、電解質の安定を維持したり、血液が酸性に偏らないようにしたり、血圧の管理であったり赤血球の生成にも関係し、私立ちの体内でたいへん重要な機能を成しています。腎臓病治療は当然病院で薬を飲んだり注射をしたりすることが大事ですが、日常的に健康的な生活を意識することが大事です。肉や魚その他卵や豆腐は結構な量のたんぱく質があり、食べ過ぎの傾向にある食品なので注意するよう心掛けましょう。甘い食べ物に関しても案外あまたのたんぱく質が含まれているのです。お菓子は製造過程で小豆や牛乳・卵が使用されている為、エネルギーが欲しいからと言って一気に食べると、余分なたんぱく質を摂取する事となります。例としては、ショートケーキ単品であっても卵1個程のたんぱく質が内包されています。慢性腎臓病に関しては、腎臓の機能が明確に改善することは少ないので、体内のカリウムを体の外へ排泄する力がだんだんと落ちていき、カリウムの摂取と排泄のバランスを保つためにカリウム摂取を減らす必要があります。市販の野菜ジュースは、野菜や果物を濃縮したものなので、加工していない生の野菜や果物よりも含まれているカリウムが、間ちがいなく多量です。もし、腎機能にハンデを負った患者さんが、日頃から野菜ジュースを多量に摂取した場合、さらに高カリウム血症の症状が顕れる恐れがあります。。CKDの治療には薬物治療とご飯療法がメインとなり、これらの積極的な管理がCKDの進行を抑制します。ご飯療法は減塩・蛋白制限が主となり、その内減塩食は高血圧(生活習慣病の一つだといわれています)治療の手間を省き、蛋白制限食においては腎機能の抑制についてよい結果が得られています。CKDステージ3の場合、理想とされているのが減塩が一日6g・蛋白制限が体重1kgに対し0.6g、これは日本人(外国の方からみると、おかしいと思うことがよくあるみたいですね)の平均的な塩分・蛋白摂取量の約半分であるために、蛋白制限食はおいしくない、あるいはカロリー不足などの懸念から、実施に及ばない方も多々見かけます。体における3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質が存在します。糖質や脂質は体の中で燃焼すると水と二酸化炭素になり、腎臓や肺に蓄積しにくいのですが、たんぱく質に限っては分解されても7~8割程度窒素を含んだ不要な老廃物(代謝などによって生じた体にとって不必要なものです)になってしまうため、排泄時に腎臓に負担がかかります。なので、意図的にたんぱく質の摂取量を抑える必要性があります。健康体であるための最低限のたんぱく質摂取量は体重1kg換算0.6g/日であり、一日分に変換した場合30~40gとなります。もっと詳しく調べたい方はこちら>>>>>クレアギニンEX クレアチニン