年齢といっしょに顔の筋肉が下がってきたり歯がもろくなってくると、 飲み込んだり噛むことも満足にできなくなっていきます。昔からよく食べていたものを簡単に食べられなくなり、飲み込むときにむせることが増え、食べ物が気管に入って「誤嚥性肺炎」を引き起こす怖れもあるのです。また、高齢者は一般的に若い頃よりも食欲が低下するため、食べられるものが食べやすい食材などに限られてしまったり、そもそもの食べる量が少なくなったりして体の中に栄養が行き届いていない状態になっていることがあるのです。加齢や疾患によって食べる力は落ちてしまいます。介護食は食事が思うようにできない方のための食事ですが、人それぞれ機能の程度は異なります。不安がなく食事をするための目標の手掛かりとして介護食はレベル別になっています。食べる動作の難しさの度合いによって嚥下食ピラミッドを普通食から嚥下食まで異なる6つのレベルに分け、食べる力がどの程度かに合わせて、食物の形や柔らかさなどを同じにすることで家庭でも病院や施設と同じように安全に食事を行なうために非常に役たつ目安です。老人ホームの食事は栄養士が栄養管理した献立を造り、調理担当が作ったお料理を用意していますが、特に食べるのが困難な方に対しては、それぞれに合わせて調理することが大事です。そしてさらに施設によってはどんな食材かわからないほど細かく刻まれた食事ではなくて、見た目は普通食のようですが簡単に舌で押しつぶせる「ソフト食」というものがあり、どんなに噛んだり飲んだりする動作が難しい方でも、食事を味わえる調理方法を提供している老人ホームもあるのです。介護食は食べやすい形にすることがとても大事ですが、また、身の回りの世話をする方の食事の用意の負担をできるだけ少なくするためにも、調理器具を使うことをオススメします。介護食にみられる大事な点は、やわらかさ、口に入れ立ときに困難なく噛める大きさ、そして食感です。フードプロセッサーを使ったら、大量の水を必要とすることなく食材を刻み、ペーストなどのなめらかな形状にまで対応しているため調理するのが楽になります。また食べにくいものを潰すためにマッシャーやすり鉢を使うこともできます。さらになめらかさが必要な場合には、裏ごし器を使ってより舌触りをよくすることをオススメします。見た目が良くて美味しそうな介護食を前にすれば、当然食欲も出ます。飲み込みやすさや食べやすさばかりを考えて、見栄えも味も悪くなってしまうと、食欲は無くなってしまいます。うまく噛めない方でも口にしやすいか、喉を通りやすいかなど安心して食べられるように考えられているのです。年齢といっしょに唾液も作られにくくなるため、口に入れ立ときに、水分を吸収してしまうような食べ物は食べるのが大変です。とはいえ水分が多く含まれていると、むせてしまう可能性が高くなるので、食べやすい材料を使って、食べやすい形に造り変えます。年齢、そして怪我や病気が原因で固いものが食べにくい、水気のあるものが飲み込みにくいといった問題が出てきます。どんなに食事への不安があるとしても楽しく食事が出来るように、介護用の食品には、どれだけ簡単に食べられるかを考えられた商品や、少ない量で不足している栄養を補える商品などがあるのです。家庭で介護食を造ることは決して容易なことではありません。介護用食品によって、ひと息つく時間が生まれたり、献立についての日々の悩みを少し軽くできるでしょう。介護を受ける方も、介護をする方も、あなたがたが幸せになれる介護用の食品を活用することを強くオススメします。「あまり食欲がない」「食べにくい」と感じることが増えると、献立を考える楽しさも減り、どれだけ簡単に食事をすませられるかばかり考えてしまいます。そんな時でも、出来るだけ食品をプラスして、少量でも効率よく栄養が摂れるように工夫してみましょう。食欲がないとき、おかゆだけを口にして終わらせてしまってはいないでしょうか。おかゆを造る工程で使われる水の量はごはんよりも多いため、1杯のエネルギーはごはんの半分以下。そのためおかゆといっしょに、その他の食材をうまく組み合わせて、その日に必要なエネルギーや栄養を足すことを心がけましょう。最近、高齢者の間で注目されていますフレイル(虚弱)とは一体なんでしょうか。フレイルとは、体重の減少・疲れやすさ・歩く速さや筋力の低下などがみられ、何も手を打たないままだと要介護の状態になる可能性が高いことをいいます。そしてフレイルの状態は、「サルコペニア」といわれる筋肉量の低下や、骨や関節そして筋肉がうまくはたらかなくなったことが原因で歩行や日常生活に支障をきたす「ロコモティブシンドローム」、もっとひどくなると起き上がることすら難しい状態になってしまうといいます。これら全ての原因となっているのが栄養不足なのです。年齢を感じさせない体力と健康を維持するためにカロリーを、 いつまでも体を活発に動かせるように質のよいタンパク質の多く含まれているものを積極的に摂るようにしましょう。質の良いタンパク質の例として卵や豆腐が挙げられるので、もし肉や魚を食べることが難しい方は、卵や豆腐で変りに補う事ができます。肉や魚には、卵や豆腐とは異なるたくさんの種類のアミノ酸、ビタミンそしてミネラルが含まれているので、たくさんの品目を毎日食べている人は、歳を取っても活動範囲が狭まることもなく、他の人よりも長生きできるということも分かっています。完成された料理をそのままペースト状にして出すことが病院では一般的で、見た目、美味しさのどちらを取っても満足いくものではありませんでした。入院している高齢者の方の食があまり好ましい状況でなかったのは決して噛めないことが原因なワケではなくて、見た目や味の問題がほとんどなので、家で食事を用意する際は病院食と同じ類のごはんは出さないと心に誓いました。病院内で摂食嚥下障害分野に特化している看護師さんに退院後の食事についてアドバイスを求めたら、どんなものでも柔らかくすれば食べられると教えて貰いました。三食を小分けにして冷凍庫で保存しておくと用意に時間がかからなくなります。引用:介護食