糖尿病とは、血糖値を下げるインスリンと言ったホルモンの機能が悪化し、長期にわたって血糖値が下がりにくくなる病気です。糖尿病発症後は治療の目的として、生涯にわたり正常なバランスを維持するための体重・血圧・血糖・血清脂質の管理を継続することで、たとえば、網膜症・腎症・神経障害などの合併症、心筋梗塞・脳梗塞・足壊疽などの動脈硬化症を予防し、病気に縛られない普段の生活や実り多き時間を過ごすことです。適切な指導による食事療法などは治療の一環として、糖尿病の合併症や動脈硬化症への移行を予防することにもなります。糖質の摂取目安として、「緩やかな糖質制限食」では1食につき40gまでとされています。毎日3食バランスよく食べて、ご飯は少なめにすることが重要です。若い人にありがちな「ラーメン・ライス」や「チャーハン・ラーメン」が一番良くありません。同じように「カツ丼とざるそばセット」なども避けた方がよいでしょう。つまり、糖質ばかりのものを食べるのはよくないと言ったことです。糖質制限の観点からも「幕の内弁当にしましょう。そしてご飯は半分のこしましょう」と、指導しています。「緩やかな糖質制限食」では、カロリーはあまり気にせず、野菜・お魚・お肉といった食材もどんどん摂りましょう。もしあなたが、お医者さんから1日1600kcalの総摂取エネルギーが理想的だと言われた場合、1日における食品との交換は20単位となりますが、栄養素が偏らないように選択する事が大切です。「食品交換表」には、食品だけでなく主な外食メニューも載っています。日常的に、カロリーや栄養素を把握しておくと便利です。食事療法だけでなく薬物療法も行っている場合、食べるタイミングを適切に判断しないと、低血糖を伴う可能性があるので心がけが必要です。時節の変化を取り入れた献立つくりや、外食の仕方を上手に取り入れながら、食事療法を上手に活用してちょうだい。体内時計の乱れには2型糖尿病や肥満を伴う危険性が潜んでいます。毎日の睡眠や体温、また体内の血圧や糖代謝・脂質代謝など、それらの生理機能には日内リズムと言ったものがあり、「体内時計」に大聞く左右されます。「体内時計」は、日々の生活習慣で決まります。聴きなれない「時間栄養学」とは、「体内時計を考えた栄養学」をさします。栄養学の基本である「何をどのくらい食べるか」に併せ、体内時計の観点から「食べるタイミング」を加え、食事のタイミングと役割に関して調べる新しい研究分野です。数多くの食品群には多様な栄養素が含まれており、それらを適量摂取することが、調和のとれた食事となり糖尿病の方には治療法のひとつにもなります。それぞれに似つかわしいエネルギー量を超えることなく、調和のとれた食事摂取において「糖尿病食事療法のための食品交換表」は、とても参考になります。その食品交換表で私立ちが日々摂取している食品を見てみると、栄養素が多く含まれる種類によって、調味料と6つの食品グループと表に分類して、食品の重量を1単位80kcalとして掲載しています。沿うした食品交換表を参考にすることで、日々の献立づくりの幅が広がります。人は歳と同時にインスリンによる筋肉への糖の吸収が減少します。血糖値の上昇に繋がる原因の一つです。食後は特別、ブドウ糖が体内へ一気に取り込まれるため血糖値が上がります。血糖値上昇を抑える手段として「ベジタブルファースト」があります。食事のとき、先に野菜から食べる食事法です。食物繊維が多量に含まれたゴボウやキャベツなどの野菜は、効果として他の食品の消化吸収を緩やかにします。ご飯や麺類といった炭水化物に含まれる糖質の吸収もゆっくりとなるため、体内にブドウ糖が取り込まれるのを和らげます。糖尿病には、1型糖尿病・2型糖尿病・その他の糖尿病といった種類があります。日常的な食事や生活習慣はひときわ関係しておりもっとも多く罹患するのが、「2型糖尿病」です。初めは血糖値が高くても自覚症状が伴わず、その状態が継続、悪化してしまうと多くの合併症を引き寄せてしまいます。間違った食習慣は2型糖尿病を引き起こす大きな原因になるので、食生活を改善して治療へ繋げなくてはなりません。体重や血糖の調整に努め糖尿病性の合併症を防ぐこと、そのうえ悪化を食い止めることも食事療法の主旨です。健康診断などで糖尿病予備軍と注意を受けた経験のある方立ちのなかで、「なんとなく食生活改善の必要性は感じるけど、実行できていない、適度な運動も必要だと思うけどできない」と考えている方々もいるでしょう。自覚症状のない病気の場合は、考えを改めることは中々できません。しかし、糖尿病の境界型になると、検査の結果にもさまざまな変化が顕れ始めます。血糖値を正常に保つのに必要なホルモンとされるインスリンの分泌量の変化は、無自覚のうちから顕れ、やがて糖尿病と診断されます。一般的に、糖尿病にはつらい食事制限が付きものと考える患者さんが多いと思います。しかし、糖尿病を患ったからといって、決して食べられないと言った食品はありません。「食事療法」には、これといった限定されたメニューがあるワケではなく、食品に含まれる栄養素の種類とバランス・自分に必要な総摂取エネルギーを考えながら実践することが目的になります。食事療法のそもそもの目的は、糖尿病の患者さんだけが実践するものではなく、常々皆さんが意識して考えないといけないと言ったことです。食べる量は、できれば3食同じぐらいに食べるのがよいのですが、やはり夕食がどうしても多くなってしまいます。食事は、忙しくても二十分かけてゆっくり食べることです。食事に時間をかけることで、血糖値の上昇を抑えたり、満腹中枢が刺激され食欲が満たされるからです。幾ら仕事が忙しくても、5分ぐらいで食事をしてしまうのは避けましょう。血糖値を下げるには食物繊維が望ましいので、海藻類やきのこ類はたくさん食べて下さい。ポテトやコーンは糖質が多いので要注意です。続きはこちら>>>>>糖尿病 食事 宅配 ランキング