腎臓病の食事療法は非常に困難です

腎臓病食宅配女性

腎臓病の食事療法は非常に困難です。管理栄養士が監修した食事療法用の弁当が便利です。ネットで「腎臓病食 宅配」等で検索すれば業者のランキングサイトなどが適宜表示されます。

さて、本題の腎臓病の食事制限について説明致します。腎臓病のうち慢性腎臓病については、腎機能の修復が難しいので、大抵は体内のカリウムを排泄する働きが低下していき、体内へのカリウム摂取と体外への排泄の調整が必須条件となり、カリウム摂取を減らす必要があります。

野菜ジュースは、野菜や果物を濃縮した状態になっているので、生のままの野菜や果物と比較するとふくまれているカリウムが、ミスなく多量です。そのため、腎機能障害のある患者さんが、日頃から野菜ジュースを多量に摂取した場合、さらに危険性のある高カリウム血症に陥る可能性が出てきます。

1日に何をどれくらい食べたらよいかや、食事のメニューはどのようにしたらよいか、それぞれに相応しい食塩の減らし方などを教えます。

主要な低たんぱく食事療法は、治療用特殊食品の使用が要となりますから、それらに関する情報の提供や指導もしていきます。

現実に患者さんがどれくらいのたんぱく質や食塩を体内に含有しているかを明瞭にします。摂取量の計算方法として、日中の糞尿の検査をします。

24時間内に尿へ排泄された尿素窒素やナトリウムの量を調べることで、体内へのたんぱく質や食塩の摂取量を理解することができるのです。現在推奨されているタンパク摂取量は、標準体重あたり1kgにつき0.8g程度になります。仮に標準体重を約60kgとすれば、おおかた必要な蛋白摂取量は、一日50gです。食品にふくまれている蛋白の量については食品標準成分表で確認出来ます。蛋白量に関する食事療法については、栄養士の指導でいろいろな工夫について知ることができるのです。もし開業医さんで食事指導まで行き届かない場合は、近くで腎臓内科のある病院を紹介してもらって、それから専門的に意見を伺ってもよいでしょう。ソラマメの形状に類似した我々の腎臓はちょうど腰の辺りに左右1個ずつあります。この腎臓には極小の血管、糸球体とよばれるものが無数に存在するのです。腎臓の主な機能として、体内のたんぱく質の代謝の過程で生じる血液中の老廃物や毒素といったものを尿と一緒に体外へ排出します。体内の電解質の濃度を一定に持続したり、さらに、赤血球を創るホルモンや血圧のバランスを整えたり、骨の成長段階に必要なホルモンを創り出すなどの重要な役割を担っています。CKDの治療において薬物治療と食事療法は重要で、CKDの進行を防ぐためにもこれらの自発的な管理が必要です。食事療法に関しては減塩と蛋白制限が軸となり、そのうち減塩食は高血圧治療の手間を省き、蛋白制限食につては腎臓の機能低下を抑える効果が得られています。減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日、この数値はCKDステージ3に対して推奨されたものですが、日本人が平均的に摂る塩分・蛋白の量と比較するとだいたい半分になるために、大抵は蛋白制限食を美味しく感じない、カロリー摂取が満たされないなどで、実施困難な方を多く見うけます。食塩を制限することによって、腎臓の負担を軽減できます。食塩摂取量の目安として望まれるのは、一日6g未満です。加工された食品や塩分の多い食品はさけて、できるだけ生の食品を摂りましょう。煮物や汁物などは、天然のだしをきかせましょう。食材の味を楽し向ことができるのです。たんぱく質が多くふくまれる食品に、肉・魚・卵・大豆製品・乳製品があります。たんぱく質の制限を必要としている方に相応しい食品として「低たんぱく質食品」が市販されています。管理栄養士に相談しながら、具体的に使ってみてちょうだい。近年、腎臓の働きが悪くなる方が増加し問題となっています。この腎臓という臓器は背中のあたりに左右一つずつあり尿を創り体内で必要のなくなった老廃物を体外に排出したり、あるいは電解質のバランスを保ったり、血液が酸性に傾くのを防いだり、血圧をコントロールしたり、赤血球を創る働きをしたり、これらの機能は我々の体にとってとても大事です。腎臓病治療は当然病院で相応しい治療をうけることも先決ですが、それ以前に、日頃の食生活習慣を見直すことが大事です。腎臓病は遺伝性の腎炎から、あるいは感染などが原因で先天的なものに起因しないものまでさまざまですが、健康診断を習慣化し、万が一罹患した際にも治療と症状を悪化指せない生活を心がけることで気力・体力に満ちた日々を過ごせるでしょう。ところが、腎臓病の中には結構進行するまで自分ではなかなかわからなかったりするので、常日頃の健康管理が大事です。判断材料として尿の状態があるので場合によっては、まずは医療機関での受診を優先してください。腎臓病が進行して腎臓の働きが弱くなると次は腎不全と呼ばれる状態になります。その腎不全には、急性に属する急性腎不全と、逆に長期にかけてじっくりと肝臓を蝕む慢性腎不全があります。急性腎不全の場合は、病状に相応しい治療と病状悪化の元を探り除去することにより、腎臓の機能が回復する可能性があります。一方、慢性腎不全では腎不全の進行に伴ってゆっくりと腎機能が失われ、回復することはありません。健康な腎臓機能でなくなると、慢性腎不全に進行するパターンがほとんどです。ですが、医療技術の進歩によって最近では早期治療を早めることで、腎臓の機能の低下を防いだり、遅延も見込めます。病状が末期腎不全に推移しても回復の見込みを著しく悲観することはなく、これまでの透析療法や移植とは別にそれぞれに応じた治療法も加わり、患者自身の希望に沿った治療を見つけることが可能です。